岐阜大学名古屋土木会

岐阜大学 名古屋土木会 会員交流サイト

令和5年度 第1回 幹事会の開催について

岐阜大学名古屋土木会 幹事会を以下のとおり開催します。

役員及び年幹事の方は、ご出席いただきますようよろしくお願いします。

なお、7月末に事務局より、メールにて幹事会開催のご案内を

させていただいております。

出欠の回答を、8月8日(火)までに、返信いただきますよう

お願いいたします。

 

               記

   開催日時 : 令和 5年 8月 18日(金) PM6:30

   会議場所 : 中日本建設コンサルタント(株)  7階大会議室

         中区錦1丁目8-6ONEST名古屋錦スクエア

            052-232-6032 

            企画営業本部 技術顧問:山下研二                      

   議  事: ①第43回定期総会について

         ②令和5年度新役員及び事務局体制について

         ③その他

 

【連絡先】 事務局メールアドレス gifunagoya@tuneken.com

 

40周年記念式典(第42回総会)を開催しました

 コロナ禍により2年間延期をしておりました「岐阜大学名古屋土木会 40周年記念式典(第42回総会)」を、令和4年10月28日に開催いたしました。

 コロナの感染状況を勘案し、懇親会を中止とするなど規模を縮小しての開催でありましたが、当日は来賓を含め54名の皆様にご参加いただき、盛大に記念式典を執り行うことができました。

 記念式典ご臨席いただいた皆様、記念事業にご協力いただいた方々に、厚く御礼申し上げます。

 

【40周年記念式典(第42回総会)】

   日 時 : 令和4年10月28日(金) 18:30~20:00

   場 所 : ウインクあいち  10階 1001室

     参加者 : 54名 (来賓含む)

   来 賓 : 講師:安田孝志 先生

         現教官:小林孝一 教授(学科長)、吉野純 教授

         岐阜土木会:谷口眞語 会長、松野守男 事務局

         名古屋市岐阜土木会:筧正人 会長

   内 容 : 第42回総会

         記念講演会 (講師:安田孝志先生)

 

 【次第】

   1.開式の辞

   2.会長挨拶   山下研二会長

   3.第42回総会  「令和3年度事業報告・会計報告」「監査報告」

            「令和4年度事業計画・予算計画」

   4.来賓祝辞   小林孝一教授、谷口眞語岐阜土木会会長

   5.記念講演会  講師 : 安田 孝志 岐阜大学名誉教授

            演題 : 愛知工科大学の新生を果たして分かったこと

                「人生はWish,Want & Must(WWM)」

   6.閉式の辞

 

記念式典の様子

集合写真

総会の様子

事務局

来賓の方々

来賓の方々

開式の辞(大中武易副会長)

会長あいさつ(山下研二会長)

事務局説明(恒川正善事務局長)

事務局説明(大森義之会計)

来賓あいさつ(小林孝一教授)

来賓あいさつ(谷口眞語岐阜土木会会長)

総会の様子

総会の様子

記念講演会(安田孝志先生)

閉式の辞(上田直和副会長)

40周年記念講演会 (安田孝志先生)

 40周年記念式典の中で、安田孝先生に記念講演をしていただきました。

 愛知工科大学学長時代に、病と闘いながら推し進めた教育改革による「愛知工科大の奇跡」の過程を熱く語っていただきました。

 

【40周年記念講演会】

   講 師 : 安田 孝志 岐阜大学名誉教授

               (元岐阜大学教授・工学部長・理事・副学長)

               (前愛知工科大学学長)

   演 題  :  愛知工科大学の新生を果たして分かったこと

                「人生はWish,Want & Must(WWM)」

 

<講演概要>

 愛知工科大学(以下AUT)は三河にある数少ない工業系の大学として2000年に開学した。4年後卒業生が就職するようになるが、残念なことに「あそこの大学の卒業生は…」と社会での評価は捗々しくなく、開学当時はそれなりにあった志望者数も発足5年で落ち込み始めた。学生は入学しても失望して1年で辞めていき、応募者も徐々に減っていくという悪循環に陥っていた。このまま手を打たなければ、いずれ応募者がゼロにもなりかねない状況にもかかわらず、目先のことに追われ危機感の薄い大学関係者。そんな状況の中2012年4月、安田先生は学長として着任された。ここからの9年間で「AUTの奇跡」を起こした先生の怒涛の学長人生が始まったのです。

 このAUTの“新生”には様々な取り組みが行われました。まず、学生に活力を与え本能を目覚めさせるためのヨット部の創設。これはヨットとともに生きてきた先生の得意分野で、すぐに達成した。次に、学生の心をほぐすだけでなく教育目標を策定して教授方の教育・意識改革に取り組んだ。大学再生のためのリバイバルプランを作成し、それに則してカリキュラムと授業方法・手段などなどの大改革を行うと同時に、優れた活動を行った学生達の学長表彰、学生による授業評価制度の導入など様々な取り組みを行った。その頃、京セラ創業者である稲盛和夫氏と偶然に出会い、リバイバルプランの方向性に間違いがないことを確信する。さらには、60以上の地元企業・高校訪問、地元企業へのインターンシップの実施、大学と地元高校の交流の場であるコンソーシアムの創設など、どん底を経験したから何でもやれたと先生は振り返る。すると徐々に地元企業の評判も良くなり「うちの会社はよそに求人することはない、AUTが第一や」と言う社長も現れた。ついには「就職に強い大学」として全国で20位を獲得、在任期間末頃の2020年には競争率6倍の人気大学に変貌させた。これが「AUTに奇跡が起こった」と言わしめた先生の働きであります。

 その一方、改革の光が見え始めた時に肺がんを発症。改革が進んでいくと同時に訪れるがんの再発・転移。余命6か月の宣告。キイトルーダ点滴による奇跡の回復。しかしヨットでの小笠原行の夢を断念。ついには、ヨットの処分。ヨットと共に始まり終わったが、達成感は残った学長生活。

 “成功の秘訣は苦しむことと諦めないこと”と言われましたが、大学再生とがん治療の二股苦闘の中でどん底からの這い上がりは、筆舌に尽くし難い9年間であったのではないでしょうか。

 

    「人生はWish,Want&Must(WWM)」

        Want ― 欲望

        Wish ― 人との共感

        Must ― やらねばならぬ強い意志

 

『誇り高く生き続けるには諦めない努力が必要ですが、

          そのためにも自分なりのWWMですね。』 by安田

 

 

我々も、自分なりのWWMを持って誇り高く生きていきたいものです。

 

 

        令和4年11月   文責 S55卒 講演会部会 野々山弘紀

 

 

記念講演会 (安田孝志先生)

記念講演会

記念講演会の様子

 

40周年記念事業の報告

 岐阜大学名古屋土木会は、令和2年度に40周年を迎えました。

 しかしながら、コロナ禍の影響から、記念事業を延期せざるを得ない状況でありました。

 コロナが少し落ち着いてきたことから、2年越しの令和4年度に記念式典を始めとした各種の40周年記念事業を行うことができました。

 記念事業を行うにあたり、コロナに振り回されながら、実行委員会を始め各種委員会では議論を重ね、ようやく記念事業を行うことができました。

 各種事業を行うにあたり、多くの方々にご理解とご協力をいただきましたこと、また、実行委員を始め各種委員の方々に多大なるご尽力をいただいただきましたことにつきまして、厚く御礼申し上げます。

 

【40周年記念事業】

 

○ 記念式典(第42回総会)

   令和4年10月28日(金)午後6時30分~午後8時

     ウインクあいち 1001会議室 参加54名(来賓含む) 

   来賓 講師:安田孝志 先生

      現教官:小林孝一 教授(学科長)、吉野純 教授

      岐阜土木会:谷口眞語 会長、松野守男 事務局

      名古屋市岐阜土木会:筧正人 会長

  1.開式の辞

  2.会長挨拶

  3.第42回総会  「令和3年度事業報告・会計報告」「監査報告」

            「令和4年度事業計画・予算計画」

  4.来賓祝辞

  5.記念講演会 

      講師 : 安田孝志 岐阜大学名誉教授

      演題 : 愛知工科大の新生を果たして分かったこと 

            「人生はWish,Want & Must(WWM)」

  6.閉式の辞

 

○ 記念誌発行

  40周年記念誌     250部  (95ページ)

                 令和5年2月発行

 

○ 記念募金事業

  1.募金総数 :       73件

  2.募金総額 :  790,000円

 

○ 記念協賛広告事業

  1.広 告 総 数  :      37社

  2.広告代総額 : 390,000円

 

 

40周年記念式典の開催案内

40周年記念式典を下記のとおり開催いたします。

事前案内(連絡方法の確認)に返信をいただいた会員の方には、事務局より記念式典の案内(メール又はFAX)をさせていただいております。

式典の出欠確認についての〆切が、「10/12(水)」となっておりますが、まだ回答されていない方は、至急、事務局までご回答ください。

多くの方の参加をお待ちしております。

また、募金についても、期限を過ぎておりますが、是非、ご協力をお願いします。

 

<40周年記念式典>   是非、ご参加下さい。

   1.日 時 : 令和4年10月28日(金) 18:30~

                        (受付:18:00~)

   2.場 所 : ウインクあいち 10階 1001室

             名古屋市中村区名駅4丁目4-38

             TEL 052-571-6131

   3.内 容 : 18:30~19:00 第42回総会

           19:00~20:00 記念講演会 (講師:安田孝志先生)

              ※ 懇親会は中止

   4.会 費 : 2,000円

 

<40周年記念募金>   ご協力お願いします!

  募金計画

   1.募金目標額 : 100万円

   2.募 金 額 : 一口 5,000円

             (できますれば二口以上でお願いします)

   3.受 付 期 間 : 令和4年9月10日(土)まで

                  ※ 期間を過ぎてもOKです。

   4.払 込 方 法 : 郵便振込

              郵便口座 00810ー4-13114

              口座名義 岐阜大学名古屋土木会

      ※ ご賛同いただいた方には、「40周年記念誌」をお渡しします。

名古屋土木会 40周年記念行事「記念総会」及び「募金」について

 コロナの感染状況を勘案し、「40周年記念事業(記念式典、記念講演、記念誌発行、活動募金の募集)」を、2年間延期をしておりましたが、下記のとおり、「40周年記念総会」を開催する運びとなりました。(※ 懇親会については、コロナ感染防止のため中止します。)

 つきましては、是非ご出席いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 なお、会員の皆様には、事務局より、記念総会の事前案内(連絡方法の確認)を郵送させていただいておりますので、9/1(木)までに、FAXまたはメールにて返信をお願いします。

 

 また、40周年にあたり、会の運営維持のため下記のとおり「募金」をお願いしております。

 この趣旨にご賛同いただきまして、皆様のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 なお、払込みには、記念総会及び募金の案内に同封した郵便振込用紙をご利用ください。( 〆切:9/10[土] )

 

<40周年記念総会>

   1.日 時 : 令和4年10月28日(金) 18:30~

                        (受付:18:00~)

   2.場 所 : ウインクあいち 10階 1001室

             名古屋市中村区名駅4丁目4-38

             TEL 052-571-6131

   3.内 容 : 18:30~19:00 記念総会

           19:00~20:00 講演会 (講師:安田孝志先生)

              ※ 懇親会は中止

   4.会 費 : 2,000円(予定)

 

<40周年記念募金>

  募金計画

   1.募金目標額 : 100万円

   2.募 金 額 : 一口 5,000円

             (できますれば二口以上でお願いします)

   3.受 付 期 間 : 令和4年9月10日(土)まで

   4.払 込 方 法 : 郵便振込

              郵便口座 00810ー4-13114

              口座名義 岐阜大学名古屋土木会

      ※ ご賛同いただいた方には、「40周年記念誌」をお渡しします。 

 

幹事会の開催

岐阜大学名古屋土木会 幹事会を以下のとおり開催します。

役員及び年幹事の方は、ご出席いただきますようよろしくお願いします。

 

  開催日時 : 令和 4年 8月 5日(金) PM18:30

        会議場所 : 中日本建設コンサルタント  7階会議室

         中区錦1丁目8-6ONEST名古屋錦スクエア

            052-232-6032                          

  議  事: ①40周年記念総会並びに記念事業、募金等について

        ②今年度の事業活動等について

        ③その他